ネクステアで利用できる2種類のオークションと入金までの早さの違い

ネクステアで利用できる2種類のオークションと入金までの早さの違い

ネクステアというオークションの代行業者では、複数の所から選ぶことができます。
この業者を通じて利用可能なオークションは主に2つあって、国内か海外なのです。国内の方は、多くの買取業者がよく利用しているオークションですね。いわゆるオートオークションでの車売却が可能です。それに対して後者の海外の場合は、ニュージーランドの独自のオークションでの売却ができます。

 

入金までに若干の日数がかかるニュージーランドのオークション

 

ところで車が売却された場合、もちろん最終的にはその売却金額が支払われる事になります。ニュージーランドの方は、その支払いまでに少々日数がかかるのが特徴です。
そちらの方は、どれだけ短くても2週間前後はかかるでしょう。なぜなら日本からニュージーランドまで船で運搬しなければならないので、それでかなり日数がかかるのですね。
しかもその後で車に対する塗装を行いますし、オークションでの競売手続きも発生します。ですので3週間ほどを目安に考えた方が良いかもしれませんね。

 

ニュージーランドよりは日数が短めな国内会場

 

それに対して国内のオークションの場合は、さすがに2週間は考えづらいですね。まず会場に運搬するまでは、それほど日数はかからないでしょう。せいぜい2、3日ほどあれば、会場に届くと思います。
そしてその会場で落札されてから大体5日程度で、入金が発生するのだそうです。ですので国内の場合は、だいたい1週間前後でしょうか。
ですので速やかに支払って欲しいのであれば、ニュージーランドよりは国内オークションの方が良いと思います。しかし車の種類によっては、むしろニュージーランドの方が売却額が高く見込めることもあります。もしも金額を優先したいならば、ニュージーランドを選ぶのも1つの方法ですね。
どちらの方が良いかは、車の状況や顧客の要望などにより異なります。ですのでこの業者に出品代行を依頼する際に、ちょっとその旨を相談してみるのが良いと思います。